ウーマン

ニーズを見てドリンク選定!自動販売機の設置でビジネスを成功させる

注目のビジネス

缶

気軽に空きスペースを使った自販機の設置で得られる利益は、工夫次第で上げることができます。特に人気があるのは自販機自体を購入するスタイルで、他との差別化も図れます。

詳細を確認する

ニースを見極め

自販機

自動販売機を使ったビジネスは、個人レベルではなく法人にも人気を集めています。それは、自動販売機を設置しているだけで勝手に商品が売れるようになっているので、人件費の負担や営業時間の心配をすることなく売上を上げることができるからです。特に人通りの多いところに設置することができたら、自然と通りがかりの通行客に売れます。この本数が増えれば増えるほど儲かる仕組みになっているので、場所とニーズをしっかり抑えておけばいいだけ。もちろん、設置すれば必ず黒字になるわけではないので、しっかりマーケティングをした上で自動販売機ビジネスを始めることが大切です。

自動販売機を空きスペースに設置して売上を上げるには、売れ筋商品の見極めが大切です。というのも、通行量が多くてドリンクが欲しいというニーズがあっても、そこに欲しい商品がなければ素通りされます。日本は数メートル歩いたら他の自動販売機があるぐらい多いので、ニーズに沿った商品選定が必要でしょう。特に品揃えの面で欠かせないのは、缶コーヒーと清涼飲料水、そしてお茶。これらは売上トップに入るドリンクであり、老若男女問わず好まれます。つまり、この3つの商品がない自動販売機は、ニーズに沿わないものに該当するので気をつけておかないといけません。もちろん、メーカーの商品によって人気のある商品とそうではない商品があるので、このあたりを見極めることもポイントです。

導入前の確認

コーヒー

本格的なコーヒーや紅茶が楽しめるオフィスコーヒーを導入している企業も多いです。商品補充やマシンのメンテナンスなど、導入後に関わることは事前確認をした上で対応しましょう。

詳細を確認する

ランニングコストを見る

コーヒー

オフィスコーヒーを導入する際は、ドリンクマシンのレンタル料金やランニングコストを見て選ぶと良いでしょう。また、メンテナンスにかかる浄水器カートリッジの交換や消耗品の購入もあるのでコスト管理を意識した上で選ぶのがポイントです。

詳細を確認する